本文へスキップ

広島市安佐南区 泌尿器科専門 いるかクリニック

TEL.082-962-1031

〒731-0141 広島市安佐南区相田1丁目3-18

院内設備facilities

医療機器について

最新の医療機器を活用し、診療にあたります。

 超音波診断装置

施設写真

超音波断層装置超音波検査とは、体の表面から高周波の超音波を当てて、体内の組織に反射した反響を映像化するものです。放射線と違って被爆がなく、妊婦さんや赤ちゃんにも使用されます。腎臓、膀胱、前立腺、精巣、などを観察します。勿論、痛みはありません。当院では8月に新規開院以来の全患者さんの画像を記録しています。


 膀胱鏡検査装置

施設写真

膀胱の中を観察する内視鏡で、まずは膀胱癌の診断に使用します。膀胱結石、間質性膀胱炎、前立腺肥大症、尿道狭窄、などにも使用することがあります。かつては硬性鏡といって金属製の真っすぐな内視鏡でした。痛いので尿道麻酔をして行っていました(経尿道的手術の場合は現在も硬性鏡が使用されますが、麻酔があるので痛みはありません)。現在は軟性鏡が主流です。胃カメラを細くしたような形で、痛みは非常に少なくなっています。勿論当院も軟性鏡であり、麻酔は不要です。


 膀胱鏡・診察台

施設写真

膀胱鏡を行なったり、前立腺生検を行ったり、また外陰部の視診などに使用します。座って頂くだけで、あとは自動で動いて所定の体位になります。


 血液検査装置(末梢血・炎症反応)

施設写真

赤血球、白血球や血小板の数を測定したり、炎症反応の程度を測定する機器です。10分以内に結果が出ます。急性腎盂腎炎や急性前立腺炎、などの感染症の時などに使用します。


  尿流量測定装置

機器写真

尿の勢いを、数字で具体的に現す器械です。普通のトイレと全く同じです。普通に排尿すると、尿量や1秒間に何mlの勢いかを数字で残します。非常に簡単ですが、有用な検査機器です。


いるかクリニックいるかクリニック

〒731-0141
広島市安佐南区相田1丁目3-18
TEL 082-962-1031
FAX 082-872-1100

木曜日・土曜日は9:00-13:00の診療です